岳窯【よし野】

「桜前線を思わせる貫入の粋」

東北出身の岳窯・照井さんが焼き物作りを極めるために有田に移り住んで約50年。2016年に温暖な佐賀を40年ぶりに襲った大寒波もなんのその。「向こうの冬はこんなもんじゃないですよ」と余裕顔。
雪に馴染んだ照井さんが表現した「よし野」は、まるで春を待ち焦がれるかのように、白磁に吉野桜を思わせる紅貫入を走らせた品格漂う作品。理想の貫入の表情が出るよう、釉薬や土の調整にも気を配った。女性の手にフィットする丸みを帯びた形状も、照井さんが長年向き合ってきたろくろで微細に成形調整を加えながら完成に至った。
雪が解け、霞や雲の白い世界から覗く桜の花びらが、華やかに輝く女性の美しい姿にもなぞらえられる。薫る季節にふさわしく、春らしい香りを放つフルーティな日本酒を合わせてみたい。

サイズ(直径×高さ)約60mm×約40mm
容量(満水)約80ml

※商品の特性によって、色・サイズなど個体差が生じることがあります。

商品の発送は「有限会社 金照堂」が行います。

¥ 6,480

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。