匠×畑萬陶苑【そり】赤

「透き通るような白に吉祥色を」

有田焼の透き通るような白磁の世界を表現する畑萬陶苑に制作を依頼し、芳醇といわれる佐賀の酒の「薫り」を存分に楽しめる酒器をコンセプトに、「薫りを広げる」「薫りを閉じこめる」ことで、日本酒の魅力を引き出せる形状にした。
ひとつはコロンと丸みを帯びたフォルムが特徴の「まるみ」、もう一つは口を反らせた「そり」。なめらかな白磁に、30代女性のシンプルニーズに応え絵柄は描かず、台に赤、緑の絵の具で色づけした。
これには鍋島文様の「南天」の意味をあわせ、難を転じて活力ある毎日を送ってほしいという思いが込められている。
揃いの片口にも赤と緑のラインが引かれ、清廉な白と華やかでキレのある酒とのハーモニーが楽しめる酒器となった。

サイズ(直径×高さ)約55mm×約70mm
容量(満水)約70ml

※商品の特性によって、色・サイズなど個体差が生じることがあります。

商品の発送は「有限会社 金照堂」が行います。

¥ 2,808

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。