岳窯【月沙天目(げっさてんもく)】

「その一献に広がる天体模様」

表面に太陽の光やスポットライトを当ててみてください。銀の結晶の中にさらに金の細粒が現れます。
この金銀砂が輝く様子をイメージして「月沙天目」(げっさてんもく)と名付けました」。
漆黒の地は天空の夜空、金銀に輝く様は、宇宙遊覧しているかのような幻想的な世界。微細な砂が幾重にも層をなしているかのように見える。
岳窯の照井さんは、成形から焼成まで一つ一つ手づくりで挑んだ。「ターゲットを想定する今回のプロジェクトは、色々な声を聞きながら進めることができ、気持ち的に作陶に専念でき た」という。
本焼成にて80時間もの間、窯を焚き続けることによってできる「時空の為す技」と、岳窯の照井さんのインスピレーションによる「成形の為す技」が織りなす響宴を美酒と共に愉しみたい。

サイズ(直径×高さ)約60mm×約55mm
容量(満水)約70ml

※商品の特性によって、色・サイズなど個体差が生じることがあります。

商品の発送は「有限会社 金照堂」が行います。

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。